五百匹のねこと作る俳画 
与謝蕪村の俳句

 
参考図書   蕪村俳句集   尾形仂  校注

 
岩波文庫 


蕪村句集・蕪村遺稿の数字は蕪村俳句集内 通し番号

蕪村の猫の数字は”蕪村の猫俳画集” 通し番号
   

猫ミク 旅を探す 国内編

ネコ ミク 旅を探す








国外編
蕪村の猫 蕪村句集 蕪村遺稿 蕪 村 俳 句
01 247    閻王の 口や牡丹を 吐んとす
  360    学問は 尻からぬける ほたる哉
02 386    夕がほの 花噛猫や よそごヽろ  
  268    みじか夜や 毛むしの上に 露の玉
03 318    夏河を 越すうれしさよ 手に草履
     175  学びする 机のうへの 蚊遣りかな 
04 557    門を出れば 我も行く人 秋のくれ
     294  二本づゝ 菊まゐらする 仏達 
05    385  五六升 芋煮る坊の 月見かな
  635    西行の 夜具も出て有 紅葉哉 
06    306  猪の 狸寝入りや しかの恋
     421  限りある 命のひまや 秋の暮 
07 675    みのむしの 得たりかしこし 初時雨
  695    虎の尾を 踏みつゝ裾に ふとんかな 
08    002  歩き歩き 物おもふ春の ゆくへかな 
  749    西吹ヶば 東にたまる 落葉かな
09 783    山中の 相雪中の ぼたん哉 
   751    ふく汁の 我活 て居る 寝覚哉
10  209    菜の花や 月は東に 日は西に 
     158  一輪を 五ッにわけて 梅ちりね 
11  168    銭買て 入るやよしのゝ 山ざくら
     115  春風に 阿闍梨の笠の 匂かな
12    073  月に遠く おぼゆる藤の 色香哉
   342    虫のために 害はれ落ッ 柿の花 
13  317    舂や 穂麦が中の 水車
   279    卯の花の こぼるゝ蕗の 広葉哉
14  271    短夜や 芦間流るゝ 蟹の泡
     170  鮒鮓の 便りも遠き 夏野かな
15  351    水桶に うなづきあふや 瓜茄子
   294    蚊帳の内に ほたる放して  楽や
16  473    四五人に 月落かゝる おどり哉 
   460    貧乏に 追つかれけり けさの秋 
17    327  盗人の 首領歌よむ けふの月
     399  秋風に ちるや卒都婆の 鉋屑 
18    288  染めあへぬ 尾のゆかしさよ 赤蜻蛉
     426  紅葉見や 用意かしこき 傘弐本
19  789    老を山へ 捨し世も有に 紙子哉
   679    しぐるゝや 鼠のわたる 琴の上
20    531  いざや寝ん 元日は又 翌のこと
   758    凩に 鰓吹るゝや 鉤の魚
21  702    咲べくも おもはであるを 石蕗花 
   835    古池に 草履沈みて みぞれ哉
22  108    紅梅の 落花燃らむ 馬の糞 
     109  うぐひすや 梅踏こぼす 糊盥
23    025  朧月 蛙に濁る 水やそら
     082  ちるはさくら 落るは花の ゆふべ哉
24    029  日暮れひぐれ 春やむかしの おもひ哉
   215    行春や 選者をうらむ 哥の主
25    209  短夜や おもひがけなき 夢の告
   358    鯰得て 帰る田植の 男かな
26    259  山吹の うの花の後や 花いばら
   393    雨乞に 曇る国司の なみだ哉 
27  343    うき草を 吹あつめてや 花むしろ
   434    夕だちや 草葉をつかむ むら雀
28  487    山は暮て 野は黄昏の 薄哉
     286  温泉の底に 我足見ゆる 今朝の秋
29    338  名月や 露にぬれぬは 露斗り
    521    みのむしや 秋ひだるしと 鳴なめり
30    407  柿の葉の 遠くちり来ぬ そば畠
     429  硝子の 魚おどろきぬ 今朝の秋
31  721    たんぽゝの わすれ花あり 路の霜 
   868    芭蕉去て そのゝちいまだ 年くれず
32  689    冬ごもり 仏にうとき こゝろ哉
   772    いざ雪見 容す 蓑と笠 
33  681    しぐるゝや 我も古人の 夜に似たる
   798    水仙や 寒き都の こゝかしこ
34 153    たらちねの つまゝずありや 雛の鼻
   007    鶯を 雀歟と見し それも春
35  186     筏士の 蓑やあらしの 花衣
   193     ねぶたさの 春は御室の 花よりぞ 
36  211     菜の花や 鯨もよらず 海暮ぬ
   117     春の海 終日のたり のたり哉
37  347     さみだれや 仏の花を 捨に出る 
   396     夜水とる 里人の声や 夏の月 
38  384     昼がほや この道唐の 三十里
     223  目にうれし 恋君の扇 真白なる
39    239  夕がほや 竹焼く寺の 薄煙
     187  動く葉も なくておそろし 夏木立 
40  496     朝がほや 一輪深き 渕のいろ 
   588     釣り上し 鱸の巨口 玉や吐
41  532     名月や うさぎのわたる 諏訪の海
     370  まんじゅさげ 蘭に類ひて 狐啼
42  553     去年より 又さびしひぞ 秋の暮
   636     ひつぢ田に 紅葉ちりかゝる 夕日かな
43  674     冬ちかし 時雨の雲も こゝよりぞ
   736     子を捨る 藪さへなくて 枯野哉
44    473  闇の夜に 終る暦の 表紙かな 
   744     待人の 足音遠き 落葉哉
45  800     水仙や 鵙の草茎 花咲ぬ
     448  冬ごもり 心の奥の よしの山
46  026    隅ずみに 残る寒さや うめの花 
   114    山鳥の 尾をふむ春の 入日哉 
47  125     曙の むらさきの幕や 春の風 
     101  みよし野に 花盗人は なかりけり
48    017  飛魚と なる子育る つばめかな
   224     春惜しむ 宿やあふみの 置火燵
49    237  仮の家の 塵を掃取 うちはかな
     162  蝸牛 何おもふ角の 長みじか 
50    240  みじか夜や 浅瀬にのこる 月一片
     178  昼を蚊の こがれてとまる 徳利かな
51    177  水晶の 山路ふけ行 清水かな
   310    垣越て 蟇の避行 かやりかな
52   272  稲づまや 浪もてゆへる 秋つしま
   529    月天心 貧しき町を 通りけり
53   331  うき旅や 萩の枝末の 雨を踏
    339  うつくしや 野分の後の とうがらし
54 562    秋の風 書むしばまず 成にけり 
    375  升呑の 価はとらぬ 新酒かな
55 782    牙寒き 梁の月の 鼠かな
    517  畠にも ならでかなしき 枯野哉
56 864    ゆく年の 瀬田を廻るや 金飛脚
  849    極楽の 近道いくつ 寒念仏
57   475  屋根ふきの 落葉を踏や 閨のうへ
    540  冬ごもり 母屋へ十歩の 椽伝ひ
58  032    梅咲ぬ どれがむめやら うめじややら
     008  鶯の 枝ふみはづす はつねかな
59  079    古庭に 茶筌花さく 椿かな
   085    莟とは なれもしらずよ 蕗のとう
60  157    喰ふて寝て 牛にならばや 桃花
   220    行春や むらさきさむる 筑羽山
61  246    牡丹散りて 打かさなりぬ 二三片
   346    さみだれや 大河を前に 家二軒
 62 340    藻の花や 片われからの 月もすむ
   332    夕風や 水青鷺の 脛をうつ
63  451     ところてん 逆しまに銀河 三千尺
     261   わくらばに 取付て蝉の もぬけ哉
 64  586    沙魚釣の 小船漕なる 窓の前
     373  さればこそ 賢者は富ず 敗荷
 65  490     秋ふたつ うきをますほの 薄哉
   504     白露や 茨の刺に ひとつづゝ
 66  639    むら紅葉 会津商人 なつかしき
    380  人は何に 化るかもしらじ 秋のくれ
67   518  鷺ぬれて 鶴に日の照る 時雨哉
  861    うぐひすの 啼や師走の 羅生門
68 001    ほうらいの 山まつりせむ 老の春
    534 冬やことし よき裘 得たりけり
 69 735     水鳥や 枯木の中に 駕二挺
  719     冬の梅 きのふやちりぬ 石の上
 70 019     二もとの 梅に遅速を  愛す哉  
  092     帰る雁 田ごとの月の 曇る夜に
 71    118  流れ来て 清水も春の 水に入
  190     花を蹈し 草履も見えて 朝寝哉
 72 95     かげろふや 簀に土を めづる人
  143     骨拾ふ 人にしたしき 菫かな
 73  289     不二ひとつ うづみ残して わかばかな
  280     来て見れば 夕の桜 実となりぬ
 74    255  虹を吐て ひらかんとする 牡丹かな  
  329     青梅に 眉あつめたる 美人哉
75    280  錦する 野にことことと かゞしかな
     300  稲刈て 化をあらはす かゞしかな
 76 621     稲かけて 風もひかさじ 老の松
  544     紀の路にも 下りず夜を行 雁ひとつ
 77    323  鵯の こぼし去りぬる 実の赤き
     284  戸をたゝく 狸と秋を おしみけり
 78 724     うづみ火や 終には煮る 鍋のもの
  763     としひとつ 積るや雪の 小町寺
 79    565  雲のひまに 夜は明て有 しぐれ哉
     566  凩や 何をたよりの 猿おがせ
 80    560  柊さす 果しや外の 浜びさし
     491  埋火や 春に減りゆく 夜やいくつ
 
 81 161     いか巾 きのふの空の ありどころ
    050  みの虫の 古巣に添ふて 梅二輪
 82    026  飢鳥の 華踏こぼす 山ざくら
  080     あぢきなや 椿落うづむ にはたずみ
 83 121     大津絵に 糞落しゆく 燕かな
     031  ゆく春や おもたき琵琶の 抱心
 84 253     広庭の ぼたんや天の 一方に
     244  みじか夜や 浅井に柿の 花を汲
 85 327     愁ひつゝ 岡にのぼれば 花いばら
  398     ぬけがけの 浅瀬わたるや 夏の月
 86 355     行々て ここに行々 夏野かな
  368     蠅いとふ 身を古郷に 昼寝かな
 87 458     秋来ぬと 合点させたる 嚏かな
  540     月見れば なみだに砕く 千々の玉
 88 554     父母の ことのみおもふ 秋のくれ
  509     朝露や まだ霜しらぬ 髪の落
 89 666     うれしさの 箕にあまりたる むかご哉
     289  黄昏や 萩に鼬の 高台寺
 90 766     麦蒔きや 百まで生きる かほばかり
  862     御経に 似てゆかしさよ 古暦 
 91 006     うぐいすの 麁相がましき 初音哉
    484  雪沓を はかんとすれば 鼠ゆく
 92 825     愚に耐よと 窓を暗す 雪の竹
     507  鴛や 花の君子は 殺てのち
 93    086  住吉に 天満神の むめ咲ぬ
     111  水にちりて 花なくなりぬ 岸の梅
 94  192    鶯の たまたま啼や 花の山
   208    うつむけに 春うちあけて 藤の花
95   104  春雨や 蛙の腹は まだぬれず
   142    居りたる 舟を上れば 菫かな
 96  281    実ざくらや 死のこりたる 庵の主
   350    さつき雨 田毎の闇と なりにけり
 97  405    あま酒の 地獄もちかし 箱根山
   409    大仏の あなた宮様 せみの声
 98   208  浅間山 けぶりの中の 若葉かな
   457    ゆふがほに 秋風そよぐ みそぎ川
 99  590    小鳥来る 音うれしさよ 板びさし
   479    稲妻に こぼるゝ音や 竹の露
 100  524    鬼灯や 清原の女が 生写し
   638    よらで過る 藤沢寺の もみぢ哉
101 645    落穂拾ひ 日あたる方へ あゆみ行
    314   門を出て 故人に逢ぬ 秋のくれ
102    500   三日月も 罠にかかりて 枯野哉
  709     磯ちどり 足をぬらして 遊びけり
103  810     このむらの 人は猿也 冬木だち
  700     茶の花や 白にも黄にも おぼつかな
104  737     草枯て 狐の飛脚 通りけり
  806     皿を踏 鼠の音の さむさ哉
105    015   一羽来て 寝る鳥は何 梅の月
  066     蛇を追ふ 鱒のおもひや 春の水
106  130     月に聞て 蛙ながむる 田面かな
  210     なのはなや 笋見ゆる 小風呂敷
107    30   花に暮ぬ 我すむ京に 帰去来
  203     苗代や 鞍馬の桜 ちりにけり
108  252     山蟻の あからさま也 白牡丹
  300     うは風に 蚊の流れゆく 野河哉
109  359     狩衣の 袖のうら這う ほたる哉
  367     蝮の 鼾も合歓の 葉陰哉
110  387     飛石も 三ッ四ッ蓮の うき葉哉
    258   一日の けふもかやりの けぶりかな
111  459   秋たつや 何におどろく 陰陽師
  495     きちかうも 見ゆる花屋が 持佛堂
112    364   十六夜や くぢら来そめし 熊野浦
    344   修行者の 径にめづる 桔梗かな
113  603     おのが身の 闇より吠て 夜半の秋
  023     舞々の 場もふけたり 梅がもと
114    034   陽炎や ひそみあへずも 土竜
       
 


 

 

 




 



 





 
猫 ミク 海外の旅を探す


 
 
 
街猫 地域ねこ トラ